採用コンサルティング事業

採用戦略の立案から、採用面接の代行業務まで、企業様の採用課題に合わせて採用活動を支援してまいります。

 

採用目的の明確化フェーズ

何を達成する為の採用活動なのか、また、必ずしも採用が必要なのか(業務のアウトソーシングやIT活用による省人化等によるソリューションの検討)という点から目的を明確にしていきます。

一部の業務を任せる目的なのか、管理職候補としての採用を目的とするのか、現状の経営課題から本質的な経営方針を見据えた上での戦略が必要となります。

雇用形態の検討フェーズ

採用とひとくくりに考えると、新卒や中途採用などのイメージをしがちですが、多様化する雇用形態の中で、採用目的に適う雇用形態を検討します。また、激化する人材不足を背景に、かけられる採用コストと、見込める応募/リーチ数から考え、現実的な雇用形態を選択することも非常に重要です。

・新卒採用(大卒等向け)

・新卒採用(高卒中卒)

・中途採用(キャリア採用)

・パート・アルバイト採用

・派遣社員採用

・業務委託(アウトソーシング)

 

採用ターゲットの選定フェーズ

先に定めた採用目的を達成するために、最適な採用ターゲットを選定していきます。年齢・性別・経験だけでなく、地域性や採用コストも考慮したうえで、幅広い視野で検討することが重要です。また、社内に採用したい人物像に近い人材がいれば、その人を参考に戦略を練ることも有効な手法です。

 

採用プロモーションフェーズ

求める人物にアプローチすることと、内定を出した後にその内定を承諾してもらえるかどうかは別問題です。求職者は複数社の内定を得たうえで、自分に合った会社を選ぶということが一般的になっています。内定者から内定承諾を得るためには、改めて自社の魅力、働きやすさ、他社と比較した優位性をホームページやSNS等を通じてプロモーションし、ブランディングしていくことが重要です。何も新しい魅力を創出せずとも、たとえばこれまで当たり前に感じていた企業文化も、専門の採用コンサルタントと話す中で、自社特有の魅力であることに気付かれる経営者様も多くいらっしゃいます。そうした企業独自の魅力を見出し、その魅力が採用ターゲットに伝わるようなプロモーションを考えていきます。